関東Rookie League
U-16

熱き魂ぶつかる決戦の刻

【Aリーグ 優勝 前橋育英高校サッカー部】今年度の関東Rookie Leagueを振り返って

  

関東Rookie League U-16
Aリーグ 優勝 前橋育英高校サッカー部

白石 敦志コーチ

ーーー今年度のルーキーリーグを振り返って。どんなシーズンでしたか?

リーグ終盤まで勝負強く戦うことができました。レベルも高い強豪校と勝負にこだわって試合をする中で1人1人が成長する姿を見られたリーグ戦でした。

ーーーこの大会を通じて、選手が成長したと感じる部分はどんな部分でしょうか?

試合にかける想いが試合を重ねるごとに強くなり、結果、内容を求め合える戦う集団になれていた部分が1番成長したと思います。

ーーー全国交流大会での目標をお聞かせください!

全国の強豪校と試合をさせて頂く中で、関東代表として名に恥じない試合をし、日本一を目指して1戦1戦臨んでいきたいです。

桑子 流空キャプテン(ポジション:DF)

ーーー高校入学直後から始まったルーキーリーグ。今、振り返ってどんなことを感じていますか?

初めは選手同士の意思疎通が上手くできず、チームとして戦う難しさを感じましたが、強豪チームと戦う中で勝つことができ、自分たちの自信へとつながりました。

ーーー優勝できた要因はどこにあったと感じていますか?

試合を重ねるにつれ、選手1人1人の意識も高くなり、攻守の切り替えや勝ちにこだわる姿勢が発揮できたからだと思います。

ーーー全国交流大会にむけて、意気込みを一言お願いします!

厳しい戦いになると思いますが、チーム全体で声を掛け合い、「強く、激しく、美しく」全国優勝目指します。

Aリーグ 優勝前橋育英高校サッカー部のメンバー一覧はこちら

コメント

*
*
* (公開されません)

オフィシャルパートナー企業様

協力企業様